自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

自殺

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

注射針を医療用に交換

注射針を交換しました。

今までのはガラスシリンジに取り付けるものを応急的に使ってましたが、
ディスポーザブルの医療用のものに変えました。
注射針

注射針2

この針の方が慣れているので。



コンサータ45mgに増量

コンサータようやく増えました。45mgです。

コンサータ錠2

少しは効いてる。マシにはなった。だけど希死念慮は消えません。 
はっきり言えば、生物学的な死にたさは確かに軽減されるんですよ。
だけど、精神的に心が死んでるから、生きてる意味を見いだせない。

カウンセリングに行けっていわれるんでしょうけど、
カウンセリングを出来るほどは回復してないのと、
そんなお金はないのが現状です。

塩化カリウムの注射がお守りです。

拒食になり始めました。一時期よりマイナス15キロです。

決行までもう少し様子見てみます。



遺髪

遺髪を準備しました。
どうせ葬式はせずに直葬にしてもらうから、
婚約者に送るために用意しました。

母が私の死後、遺書の内容を守ってくれればの話ですが。遺髪

25年間消えない希死念慮から自殺までを実況します2

私は2015年12月6日現在、36歳の落ちぶれ研究者です。
(専門は視覚心理学と臨床心理学と脳科学)

中学1年生の12歳の時から、止まらない希死念慮と闘ってきました。

現在の病名は「ADHD」と「躁うつ病」ですが 、
そこに至るまでは、12歳の「不登校」時代以来、
「単極性うつ病」「難治性うつ病」「統合失調症」といろいろな
診断を変遷してきました。

どの診断を受け、どんな薬を飲んでも、カウンセリングを受けても、
福祉サービスを利用しても、働いても、学んでも、
そして驚くべきことに、どんなに幸せでも、
希死念慮が消えることはありませんでした
。 

25年近い、やまない希死念慮にはもう疲れました。

今日、自殺決行を決意しました。
その準備過程で色々な思考にさいなまれたり、
色々な自殺計画を立てて比較検討したり、
これまでの人生を振り返って思うところがあったりするでしょう。

それをこのブログで発信したいと思ったのです。

決意から死ぬまでの過程をweb上に記録しておくことで、
私という存在がきちんと生きて、きちんと死んだ証にしたかったのです。 
消えない希死念慮を持つ者が、辿っていく人生の終着点を伝えたかったのです。

けなしてもらっても構いませんし、何かの参考にしてもらっても構いません。

私は以前、臨床心理学を専攻していました。精神医学もかなり勉強したつもりです。
そんな私にしか発信できない自殺志願者の本音をお話ししたいのです。

私と同じ、自殺志願者の方にも読んで頂きたいですし、
自殺を阻止したい一般の方や、メンタルヘルスの専門家にも読んで参考になるブログに
するつもりです。

最後に、決行する時は、「今から決行します」というタイトルで投稿します。
その投稿をもって、このブログは完結します。

その日を目指して、着実に進んでいく決心です。 




ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール