自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

仕事

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

在宅研究者という仕事

少し研究者の話が進んできた。



どうもそのラボは、



在宅であちこちに連携している研究者を抱えているみたいで、



僕にも在宅の方がお互いメリットがあるので在宅はどうですか?



とのこと。



あー、そういうことかとは思ったが、




よく考えてみたら、




望んでいたスタイルじゃないか!




在宅の方が、助かる。




引っ越す手間も費用も要らないし、




対人緊張に晒されることもない。




家賃も通勤も不要だし、




ある程度自分のペースも保てるし、




それに何より、




研究員の身分が名乗れるのはありがたい。




所属がないことの寄る辺なさは、




計り知れない。





ゆっくりお金を貯めて、




私を希死念慮ごと、本当に理解してくれる人とともに、




暮らしていきたいと思っています。




自殺に踏み切る前に、




そういう方が現れればいいなと




淡い希望を抱いています。




まあそんな人が現れることなどありませんが。




元カノさんが最後の人だった訳なので。



在宅コールセンター研修と希死念慮と絶望と

今日は在宅コールセンターの


研修の一日目。



朝の10時から


夕方の4時まで。



パソコンの前に


張り付きっぱなし。 



はっきりいって、


何をいっているのやら、


全く分からなかった。



それに、


分からないことがあれば、


結局上席に判断を仰ぐ職場であって、


在宅であって、かつ雇用関係がなくても、


そういう扱いなので、


とてもやっていく自信はない。




そして多分この調子では、


試験に受かるのはムリ。 




脳みそが、


正常に働いていない。




覚えるとか、


そんなのもはやできなくなっていて、


こんな仕事すらできないのかと、


自分に絶望した。




もう多分


完全に僕の脳は


壊れてしまっていて


引き返せない


社会的絶望へと


足を踏み出しているのだと思う。 




お互いに無条件の本当の愛で


助け合っていける人との出会いや、


この人(や社会)のためなら頑張れるという、


大きなモチベーションがないと、


二度とは立ち直れないだろう。




確実に壊れていっているような気がする。


というか、壊れていると


判定されている。



あとは、


これ以上


人や社会に迷惑をかける前に、


自分を殺すくらいしか、


思いつかない。



ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール