自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

死ぬまでにやりたいこと

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

サイト構築中

wordpressを使ってサイト構築中です。


なんでこんな面倒なことまでしてサイト作ってるんだろうって、


疑問に思えてきました。




ブログですむのに。




多分居場所が欲しいんでしょうね。



仮想空間だけど、自分が心地よくいれる、いるべき場所が。



元カノさんと、元カノさんとの未来がその役割を果たしていたので、



それが無くなった途端、



生きる支えが消滅したんですよね。




仮想でもいいから、


居場所が欲しい。




だからサイトを作ってるんでしょうね。


そんなことしても無駄なのに。




構築には時間がかかりそうです。



テンプレート使っても、



結局CSSいじらないといけない羽目になりそうですし。 





出来上がったら、順次記事を移設していきます。




扱うカテゴリは、希死念慮から小説、研究、失恋、家族、




とにかく私の全てを扱います。過去も未来も現在も。




ドメインはもう取ったので、




最終的にはどこか永続性のあるサーバーに放り込んで、




私の死後も永遠にweb上を彷徨うホームページにする予定です。




私の全てを晒した生ける屍にして。





同じ苦しみを持つ人たちのお役に立てるようなページを




構築していきたいです。 




ああああ、希死念慮襲ってきました。




コンサータ飲みます。 




たぁすけてくれよぉ。 

脳がまわらない

前記事で宣言したけど、読んでも全く頭に入ってこない。
↓この本

細胞生物学2



糖分取ってないからなあ。

11月18日以来、ほとんど炭水化物とってないです。

みるみる痩せました。



ブドウ糖無いと、脳がまわらないです。



取りあえず銀河英雄伝説タクティクスに逃げてます。

冬だからね、試験。


それに昔、イオンで占ってもらったとき、

その道で食べていけるの42歳だって言われたし。


ちょうどいいくらいじゃないですか? 6年後。


はあ、この年になって、友達が少ないことが辛いです。

聞いてくれる人が誰もいない。話を。


唯一ブログだけがはき出せる場所。


希死念慮は相変わらずですが、

死ぬまでのお付き合いと思って、



運命を共にします。


何か甘いもの飲んできます。



どうせ死ぬなら

誰かの役に立ってから死にたい。


そう考えて、ふと、思い出した。


あれは大学4年の冬の事だったと思う。

専攻だった臨床心理学に飽き飽きしていた僕は、

別の途へ舵を切ろうとしていた。

選択肢は2つ。


1つは医学部の大学院に入り、研究者として生きていくこと。

2つめは学士編入で医学部に入り直して、臨床医になるということ。

結局大学4年では、学士編入に落ちたので、研究者の途を取ることになった。


だが、その研究職も肌に合わず、彼女も職も何もかも全てを失い

今実家の自室に引き籠もった生活をしている。 


今日、ネットサーフィンをしていて、ふと思い当たった。


どうせ死ぬつもりなら、

どうせ自室に籠もることしかできないなら、

医学部の学士編入を受けてみようと。

引きこもりと受験生なら、受験生の方がまだマシだろう。


書類審査と推薦状がいるが、アテはある。

科目は生命科学と英語なので勉強すれば数年受ければ何とかなるだろう。

最初の受験は今年の冬だ。


自分で自分のことを助けられない人間が、

ひとの病気を助けられるとは思えないが、

医学では助けられない患者さんの気持ちを分かるための努力はできる自信はある。


どうせ自分の幸せは捨てたのだ。

ならば自分は捨てて、徹底的に誰かのために何かをやってみたい。

そう思った。


お金はないが、幸い学部時代には奨学金を借りていないし、

改めて学部生として借りられるだろう。


キャンパスも徒歩圏内なので、交通費もかからない。

もちろん実家に住めば、家賃もタダ。

奨学金を本代に回すことができる。

成績が優秀なら学費も全額免除か半額免除にはできる自信はある。


差し当たって手持ちの本から消化していくことにした。

エッセンシャル細胞生物学。

読みやすいのでここから始めてみることにした。

エッセンシャル細胞生物学
 
希死念慮はもちろんずっと変わらない。

だけど、希死念慮を持ち続けているからこそ、人の心の痛みには敏感になれる。

自死するまでは、消えない希死念慮と付き合っていくことになるのは間違いないわけで、

それならば、生きた証に誰かのためにこの希死念慮を使いたい。

そう思った。


別にポジティヴ思考になったわけではない。

そう思い込まないと正気を保てないだけだ。


でも、もし僕の希死念慮が誰かの役に立つ日が来たら、

本の一冊でも書いて、

それがもし売れたら、

これまでお世話になった人たち(彼女や家族)に印税を全て分けたいと思う。


夢があるな。



僕らしくもない。



表紙絵選考会終了

LANCERSで公募した表紙絵ですが、
表紙絵選考会がたった今しがた、終了しました。


沢山の議論の末、
選考メンバー全会一致で、とある方のイラストに決まりました。
修正点も多く出されました。

明日、上のリンクのページで当選者を発表して、
そのイラストレーターさんと修正を詰める作業を開始します。


オフセット本にして、
5月1日の第二十二回文学フリマ東京に持ち込むので、
完成品が気になる方は、見に来て頂けたら嬉しいです。
見てくださるだけで構わないです。

買って頂けたら、なお嬉しいです。

お求めやすい価格に設定します。




人生最後の出版物になります。



自分らしく生きた証をきちんと残して、

そして彼女に「小説家を目指す」と言った誓いを、せめて小さな形にして、

悔いなく旅立ちたいです。



今日は、これで一歩、望むべき死に近づけました。 



少しだけ



嬉しいです。



本日は表紙絵選考会です。

2016年1月31日
12時半くらいになったら、友人を迎えに行きます。

車の運転、平気だろうか。

子どもを乗せるので責任重大。

自分は死にたいけど、人には死んで欲しくない。

(次の記事に続きます。)



表紙絵選考会

ちなみに次の日曜は表紙絵の選考会を自宅でやります。
この中から選びます。

僕の中では3,4件に絞れてるんですが、
他の方の意見も聞きたいので、ラノベを読む親子に来てもらうことにしました。 
僕の友人とその息子さん(中学生)との三人で選びます。 

遺作になるから、慎重に選ばないとです。 

5月1日の文学フリマ東京に持ち込みます。

僕の執筆活動はこちらからもみれるので、
よかったらのぞきにきてみてください。



在宅コールセンターに応募

もう誰も信じられなくなった。
今実家に住んでいるが、母も例外ではない。

一人になりたい。

そんな時、どうしても引っ越したい場所ができた。
彼女が5年前に一人暮らしを始めた思い出のアパートのそっくり同じ部屋だ。
アパートも号数も同じ、思い出のあの場所。

そこが3月末に住人が退去し、4月半ばから住めると不動産会社から
連絡があった。


その思い出の場所から、自殺するまでは、もう一度僕の新しい歴史を作っていきたいと思った。

アパートの契約金はバイクを売れば賄える。
でも今のままでは生活費と家賃が足りず、アパートにうつっても生活が維持できない。
もちろん何も食べてないから食費は掛からない分、そんなに沢山のお金はいらない。

だから今僕が小説の表紙絵依頼で使っている、LANCERSで案内のあった、
NTT コミュチェオの在宅電話オペレーターの仕事に応募した。
ネット回線契約を解除するお客さんを阻止したり、解約に応じたりする仕事だ。
自分でシフトを申告しながら仕事ができるという説明だった。

コムチェオ


これなら病気で外に行けない僕でもできそうな気がした。
平均時給は1000円くらいになるそうだ。
月50時間くらいからやると、電話応対の単価がいいそうだ。
土日も関係なくやると、一日2時間もやればいい計算になる。
それならば希死念慮がひどくて半分寝たきりでも出来るかもしれない。
僕が今、ひどい人間不信でも、お客さんと割り切れば、
一度きりの関係だからなんとかなるかもしれない。

そう思って申し込んだ。


一次試験はタイピングテストとインターネットの基礎知識。
これは楽に突破した。

昨日は説明会と二次面接。
16時から開始で
二時間ほどの説明会をネット上で受け、
18時からお客さんの模擬対応の試験を受けた。

苦情をいってくるお年寄りにどう対応するかの試験だった。
多分、基本的なコミュスキルをみているのだろうから、
お詫びとお礼と返事を伝えるようにしてみた。


今日、試験結果が届く。
合格していれば、研修用にヘッドセットを調達しなければならない。
愛着が持てるヘッドセットを今探している。

合格だった場合、2月6日から18日までネット上での研修に入る。 

実務試験が2月19日以降で、最後に、実地でのトレーニングを受けて
業務開始となる。
全てネット上だ。PCの前で全てが完結する。


はっきりいって、僕は働きたいわけでも何でも無い。
本当は死にたいのだ。

でも勇気が無い。注射すれば死ねるキットまで作ったのに、
それを静脈に打つ勇気が無い。
ものの数十秒で終わるのに針を静脈に刺してもシリンジをどうしても押せない。


多分、まだ僕が、自分の人生に納得がいっていないからだと思う。

だから、納得できるように、思い出のアパートで誰にも邪魔されず、
一人静かに自分の人生を振り返り、
「もう十分生きてきた、 納得が出来た。悔いは無い」
そう思えるようになりたい。

そしたら自然と、準備した注射で自殺を決行することも出来ると思う。

紆余曲折しているこのブログですが、
「決行」のタイトルが付くまで、見守って頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。





おかえりなさい、彼女との思い出のノートパソコンさん

前記事1前記事2に書いた通りの事情です。

彼女との思い出のノートパソコンが昨日修理から戻って来ました。

昨日は体調も良くなかったので、電源投入を今日に回していました。


本日は起動テストです。


まずは部品の確認。

本体と、電源コード、リカバリディスク2枚とアプリ1枚です。
よし。全てある。

思い出のノートパソコン全て


では早速電源に繋ぎます。

そしてパワーボタンをポチッと押します。ドキドキです。

お! きた! やりました! マザボはacerになったんだね。

マザボはacer
 
ここから起動しないと意味が無い。

黙って見守ります。

起動中1
 

起動しました! でもまだ気を抜かない。

じっと待ちます。


起動中2
 

おお、ようこそ画面来ました! こちらこそ僕の実家にようこそ。

起動完了
 

デスクトップ画面きましたー!! データは初期化されていませんでした。
全部データ無事でした。

僕を見捨てずに拾ってくれることも、まだ世の中には少しだけある。
もう全て何もかもを諦めたけど、何故だか涙が出た。


おかえりなさい。彼女との思い出のノートパソコンさん。
本来の持ち主の彼女はいなくなっちゃったけど、代わりに僕が大事にお世話します。

これからも僕が死ぬまでは宜しくね。

僕が生きている間は、絶対に君を生かし続けるから。 
少なくとも君の本来の役目を終えるまでは。
いつまでも元気でね。


*この後、パーツやらデバイスのチェックをして、

 僕のデスクにそっと設置しました。

 遺品がひとつ、増えました。携帯のリストに加えておきました。
 遺書も書き直さなきゃね。






ノートパソコンの帰還

やっと修理から返ってきました。

GatewayEC19C 彼女との思い出のノートパソコン。

事情をご存じない方は前記事参照下さい。 


佐川さん、遅いです。午前中指定なのに。


さて早速外箱。

僕が送った箱がそのまま返ってきました。

 パソコン箱

では早速開封です。

ガムテープをあっけなくはがして。

パソコン開封
 
おお! 全部戻って来てる! 当たり前ですが。 


ここから先の続きは明日朝か昼間にやりますね。
電源投入を明日中継します。

こういうのは夜やると、ろくなことにならないって経験則があるので。


それでは皆さまおやすみなさい。 

明日までは死なない理由ができました。



con amore

僕の女性遍歴を見てみると、圧倒的に心が不安定な方が多かった。 概ね、僕の症状に耐えられなくなったり、あるいは彼女らの気持ちが安定すると、皆、僕を卒業していった。 僕自身はそれでも十分幸せだと思う。僕を踏み台にして、元カノ達が幸せになっていけばそれでいいと思っている。中には既に幸せな結婚を遂げた元カノも現に居る。 まあ、僕が執筆中の小説『-研究青春グラフィティ-流ヶ﨑有理の研究日誌』の主人公の有理からいわせれば「嘘ついている人生」なのかもしれないが。 だけど、別れが来たときにはとにかく元カノ達が幸せになってくれることを願うしか、やりようはない。愛していたのだから。いつも別れに当たってはそれだけが唯一の望みだ。 そういう歴史を繰り返してきた。 今回も僕がある犯罪者的判定を受けている点は、自殺の準備を完了したほどのショックだったが、別にそんなのはどうでもいい。 彼女が幸せになってくれればいいと思っている。 僕が死のうが生きようが関係ない。 5年間の月日を踏み台にして、もっと幸せになってもらえればいい。 それで、僕の最後の仕事は終わったと思っている。 有理にいわせれば嘘ついた生き方なんだろうけど、僕もあまり器用ではないので、そういう生き方しかできなかった。そういう歴史の繰り返しでしか生きてこれなかった。 あとは、こういう僕の生き方をテーマとして織り交ぜている小説2作品を完成まで出来れば運びたい。 http://ncode.syosetu.com/n6744cp/
http://ncode.syosetu.com/n7760db/ それくらいで、もう人生は終わらせていいと思っている。 ちなみに小説表紙を公募したら、23件も応募を頂いた。 皆さん私の小説に目を通してくれて、どれも秀逸な表紙絵だった。 『-研究青春グラフィティ-流ヶ﨑有理の研究日誌』を5月1日の22回文学フリマ東京に持ち込みたい。それが最期のちょっとした楽しみだ。 正直にいって、僕が犯罪者的扱いをされ、今回の離れ離れの状況を提案され、ストーカー扱いをされていたらしい(掲示板の情報だからソースは不明だから彼女の責任ではないが、)ことは、例え僕にも責任があるとはいえ、僕の背景からしてちょっと酷だったと正直には思う。勿論責任は僕にあることは重々分かっている。反省もしている。 だから僕は彼女を一つも恨んでいない。 むしろ感謝さえしている。 たくさん僕の病気を助けてくれたし、愛を持って僕に接してくれた。それに小説を書くに至った動機も彼女から与えてもらった。だから、本当に感謝している。 ただ、彼女が僕を支えきれなくなったのだと思う。 唯一無念な点は、もし支えきれないと判断したならば、某巨大国家権力機関に相談するのではなく、僕か医療福祉機関に支え切れないと相談して欲しかった。 僕は彼女の負担になるなら、納得の上で自ら身を引くこともできた。素敵な思い出をそのままに。 だけど、今回の件で、彼女は某国家権力機関を選択した。 その結果、僕には犯罪の嫌疑がかけられ、彼女が家から出て、今お互いの実家に戻ったが、ぼろぼろに傷つく結果になっている。このままでは二人とも再起不能になる。 だから、せめて彼女が僕から解放されるようにと思い、全て精算して次の幸せを求めていって欲しい旨連絡した。 そうしたところ、精算について弁護士と相談したいと、何故か彼女の父から連絡があった。お金を払って欲しいと誤解されたようだ。もちろんこちらにそんな気はない。
もし法廷で争えば、当時を思い出すし、たくさんの発言を求められる。それは彼女には辛すぎる。それに泥沼になって彼女の傷口を広げる。それは彼女の幸せにならない。僕は争う気はない、そんな彼女の傷を広げるような争いは僕なら許さない、と諫めたが、どうなるのかは分からない。それにこれはもう精神的にも一個の立派な人間である彼女と僕の間の成人二者間の問題であることも主張した。 今後は僕と彼女の問題は誰にも口は挟ませないつもりで、彼女からの直接連絡からにしか応じない旨、こちらからは伝達し、彼女以外の殆どのemailと電話を一時的に遮断した。 要するに彼女が彼女自身の意思で僕との関係を清算なり復縁なりなんなり望みのままにしてくれて、結果的に彼女の人生が幸せになってもらえれば僕としてはそれで良いのだ。それが僕の唯一かつ最期の望みだ。僕としては彼女の幸せが一番だ。 勿論彼女から関東から九州への引っ越しを「誠意を見せて欲しい」と依頼されて、その結果ストーカー扱いされた可能性があると考えると、悲しい気持ちにはなる。だが、それも全て忘れて、ことを大きくして争うような真似は絶対にしないことにしている。 とにかく、彼女の傷が広がるのは僕の中で完全に御法度としている。 綺麗に精算して新しい素敵な旦那様を見つけて幸せになってもらえればそれでいいのだ。 だが、彼女は精算には応じてくれない。 僕と復縁するでもなく、精算するでもないなら、彼女の気持ちは一体どこにあるのか分からない。 そのジレンマで、日々体調が悪化していっている。 薬も増えた。希死念慮もひどい。病院にもいけない。執筆の手も止まった。 精算を申し出るのは勇気のいることだった。僕からは正直なところまだ彼女への未練があるが、彼女が幸せへの途をたどれるならと、それを振り切ってのお願いだった。 しかし、それにも応じてくれず貴重品の返還もないとなると、まだ精算したくないのか? と、どうしていいのか分からなくなる。 僕としては手探りで彼女が幸せになれるように、動くor動かないしかない。取りあえずは自然消滅でもこの際やむを得ないと思っていて、希死念慮の悪化する日々でじっとしているしかないと思っている。 預けていた貴重品も返ってこない覚悟も決めた。祖母の遺品や鍵なども。 とにかく、もうどうとでも彼女がやりたいようにやればいいと、そう思った。無視でも批難でも拒否でも何でも受け入れる。それで彼女が幸せならば、何も言わないことにした。 彼女が幸せな結婚とその後の人生にたどり着いてもらえれば、僕の人生最後の仕事は最高の終わりとなる。それで僕は幸せです。心の底から。 追伸、ちなみに、そろそろSNSでは彼女からフォローや読者登録の解除をされはじめたような気配がする。確かめるとショックなのでそれ以上は調べてないが。 だけども、別に構わない。5年間の歴史がただ元に戻るだけなのだ。 僕は彼女に出会う前の希死念慮の塊に戻る、彼女は時が経ち新たに気持ちが安定して、素敵な出会いをいずれする。ただそれだけなのだ。 そしてそれが彼女の幸せへの次への一歩になるなら大歓迎だ。 どんどん僕を彼女の記憶から拒否して消せば良い。 そして次のステップに進めば良い。 ただ、愛した人、愛している人とはどんな関係になっても、愛している人には変わりない。 だから僕なんかどうでもいいから。 彼女だけには、世界一幸せになって欲しい。 色々愚痴りましたけど、 結局は本当にそれだけです。 こんな愚痴をここまで読んで下さった方々に感謝します。 申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました。


それと、ノートパソコン、到着しました。
明日開封しますね。ブログにまた上げます。 con amore
ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール