自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

自殺観念

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

失恋で自殺

時々


「失恋ごときで自殺とは情けない」 


といって憚らない御仁がいらっしゃるが、


よく考えてみて欲しい。




失恋とは、


生物学的に考えれば、


「貴方の遺伝子は不要です」 


そう言われているに等しい。



遺伝子が不要ということはつまり、


個人の無条件下における全否定である。



さらに失恋では、


これに加えて


社会的ダメージや


心理的ダメージもあるのであって、


そのダメージは


計り知れず、


生涯に渡って影響する。




「失恋ごときで自殺とは情けない」 


といって憚らない御仁が今の時代


どのくらいおられるか知らないが、


もしおられるのだとすれば、


考えを改めて頂きたい。 




そして、


どんなに綺麗事を並べて離別したとしても、


どんなに正当な理由を以て別れたとしても、


それは捨てられる側にとっては、


生物学的・心理学的・社会的存在としての


あらゆる全否定であることを、


忘れないでいて欲しい。




捨てる側も、


この人を全否定して


死に追いやってもいいという覚悟と、


それによって、


自らも生涯傷つく覚悟をもつことが、


恋や愛を交わし合った者としての


責任だと


僕はそう思う。



死に関する観念

死に関する観念がねじれてる。
他人には死んで欲しくないなんて。
そして自分は死にたいなんで。 

でも段々と自分の人生に納得できるようになってきた。

彼女に捨てられたのも、納得し始めている。

どんなに学歴があっても仕事ができない自分にも、
病気で希死念慮がなくならない自分にも。

僕はそもそもそういう人間で、幸せを求めてはいけない、ということに。
その資格がないということに。

中学からずっとそうだった。
今頃気付くなんてバカすぎる。 


あとは、やりたいことを全て終えたら決行するだけ。

出来れば死に際はビデオで映像をブログにアップしたい。

塩化カリウムを致死量打てばどうなるか、皆に知って欲しい。

苦しそうだったら、僕と同じ方法は皆避けられるだろうし。 

プログラミングで、webcam動画を自動投稿できるようにするしかないけど、



どうすればいいんだろう。



せめて最期は

全く眠れず。

コンサータを15時に飲んだせいだというのは分かってる。

だがやはりこの時間になると、段々希死念慮が増してくる。


学業も仕事も。実らなかった。
彼女にも五年越しで捨てられた。

でもこれまで僕なりに努力はしてきた。
恥じない努力はしてきた。

ストーブ


だが、希死念慮はそんな自負を笑い飛ばす。

どうせ生きてたって、これからは何もいいことないだろう?
死んじゃえば楽になるじゃないか、と問いかけてくる。

今の僕は生きる屍で、この先の人生が真っ暗なのは、
本人が一番良く分かっている。

仕事も出来ず、人とも関われず、
牢獄のような自室に籠もる生活だ。

でもそれもそう長くは続かない。
金銭面でも精神面でも。

いずれ決心する日がくる。


そのときは




自分の人生にせめて最期は、

納得して死にたい。



不良品

普通さ。 企業でも何でも不良品が出たらきちんと処分するでしょ?

家庭でもさ。 ゴミが出たら捨てるじゃない。

なのにどうして人間の不良品やゴミは処分してはいけないの?

別に他人のことを言ってるわけじゃない。

僕のことをいっているだけ。

僕みたいな不良品でゴミは、処分されてしかるべきだと思う。

どうして誰も処分してくれないの?
自分で処分しようとしたら、どうして止めるの?

不良品なんだから、ちゃんと自分で処理させてよ。
じゃなきゃ処理してよ。

僕



監獄 -心が死んでいく音-

実家に戻って療養しています。
婚約者からも実家に戻るように要請されて引っ越して来ています。
彼女と離ればなれになって二が月が経ちました。

自分の部屋。
五年前、彼女が来るまで一人でいたこの部屋。

でもここは既にもう監獄です。
精神的な心の檻です。
ひとりは寂しい。絶望の底です。
死にたい手のひら

一日一日、心が死んでいく音が聞こえる。

もう早く死にたい。



コンサータ45mgに増量

コンサータようやく増えました。45mgです。

コンサータ錠2

少しは効いてる。マシにはなった。だけど希死念慮は消えません。 
はっきり言えば、生物学的な死にたさは確かに軽減されるんですよ。
だけど、精神的に心が死んでるから、生きてる意味を見いだせない。

カウンセリングに行けっていわれるんでしょうけど、
カウンセリングを出来るほどは回復してないのと、
そんなお金はないのが現状です。

塩化カリウムの注射がお守りです。

拒食になり始めました。一時期よりマイナス15キロです。

決行までもう少し様子見てみます。



自殺方法で迷う①(思考段階・自殺観念)

なんと言ってもこれが一番悩みの種だと思います。

自殺方法の取捨選択です。

まずは思いつく方法を列挙してみます。

1.首つり
2.失血死(自刃・リストカットなど)
3.服毒死・服薬死(農薬、処方薬特にバルビツール酸系睡眠薬、練炭、硫化水素も含む)
4.飛び降り(高所からの)
5.飛び込み(列車や自動車への) 
6.凍死
7.餓死
8.入水
9.感電死
10.焼死
11.溺死
 
こんなものでしょうか。特に文献を読んでいる訳では無いので、
思い浮かんだものだけを列挙しました。漏れがあれば指摘して下さい。

そして自殺志願者が考えることは

ア.苦しくないか
イ.痛くないか
ウ.死体はどんな状態になるのか
エ.死ぬまでの過程はどうか。死ぬまでの時間や推移
オ.周囲に迷惑をかける度合いがどのくらいか

多分こんな感じだと思います。私の場合は少なくともこうです。

そして、自殺方法の選択と、それを決行した時の上記のアイウエオをひたすら繰り返し
頭の中でぐるぐるぐるぐると考えているのです。

もちろん衝動的に自殺する人は上記アイウエオは気にしないでしょうし、
強靱な精神の持ち主であれば、アからエまでの項目は意に介さず、
5の周囲にかける迷惑の度合いだけを考えて実行するでしょう。

けれども私は衝動性も足りないですし、そんな強靱な精神の持ち主ではありません。 
自殺方法と決行の及ぼす影響をひたすら、脳内で回転させている状況。
それが、私は12歳の時からずっと続いているのです。

この記事のもう少し詳しい解説は、次の記事でお話ししますね。



ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール