自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

お知らせ

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

新ブログ開設しました

新ブログ開設しました。


【Hopeful Suicide】 入り口はこちら→ http://hopeful-suicide.com



日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

PC推奨ですが、スマホでも一応は綺麗に表示されるように作ってあります。


初めは独り言や希死念慮や失恋の叫びばかりだと思いますが、

先々は希死念慮の総合サイトにしていきたいと思っています。


また研究や小説といった、私の仕事の情報についても記述していきたいと思います。



私という希死念慮の塊を「一事例」としてのんびりくつろいで知って頂く、

そんな居心地のいいサイトを最終的には目指します。


長い道のりになりますが、お付き合いの程、宜しくお願いします。 

ブログの削除訂正について

元カノさん最後の手紙の要望を全ては受け入れることはできない。例えば彼女という表記をやめてほしいと言われているが、これは投稿当時の僕の認識として事実であり、単に関係性を示したものであるし、他に表記のしようもないのでどうしようもない。また一般代名詞としても使っているものでもある。
それに僕にも言論の自由について基本的な人権がある。

だけど、元カノさんのプライバシー権を侵害したいとは思わない。それで元カノさんが傷つくのは僕の本意ではない。

プライバシー権について綿密に定義から判例まで調べた。そこで、これまで書いた記事の中でそれに抵触する可能性があるもの(一般的に考えて、公表されると不快を感じる恐れがあるもの)については、自主的に削除もしくは表現のぼかしや訂正を行った。元カノさんを同定する情報がないのは、過去に主張した通りであるし、蔑めるようなことも書いていないことは改めてここで、強調する。また、特にプロバイダーや法的機関からの削除依頼などは一切なかった点を主張しつつ、プライバシー権に関してはこの場を借りてお詫びする。

それ以外については、僕自身の表現の自由を主張する。

本日は以上です。

おやすみなさい。

お知らせとお詫び

途中からこのブログをみた人のためにお伝えすると、


このブログの目的は、


希死念慮を持つ精神障害者である僕が


愛する人に振られ、自殺までの過程を


一個人の人生の経験の一例として紹介することで


僕のように希死念慮に悩む多くの人々のためになるような


参考情報として社会に発信していくことで、


社会的無能力者である僕なりに


最期の瞬間までを中継して、


心を病みやすい現代社会という


公に寄与することです。



そんな力はないのは重々知っていますが、


せめて社会的無能力者なりに


いや、だからこそ、


できることをやろうと思って、


投稿しています。



希死念慮で苦しんでいる方々が共感を感じてもらったり、


ご家族が希死念慮をお持ちの方だったり、


治療者側の方々の参考情報になればいいと


思っています。



内容が内容ですので、


きわどい話も出てきますし、


ご不快な点がもしあれば、


予め


お詫び致します。

こうやってブログに書くようになったのは

せめて自分の歴史をどこかに残しておきたかったから。


もう実社会では、自分の足あとは残せなくなってしまった。


せめてネット上に残しておきたかった。


消えない希死念慮をもつ者がどうなっていくかの有様を。




Twitterだとタイムラインに流れるだけだから、


ブログに残そうと思った。



希死念慮を持つ者の末路を


実況することで、


公の


誰かの役に立てば、





うれしい。 


本当は僕自身も救われたいけど、


もう無理そうだからね。

うん。 


誰かとスーパーに行ってヨーグルト買いたい。

わぴ

 

ごめんなさい

ごめんなさい。死ねませんでした。

眠剤を多めに飲んで、カリウムを入れたのですが、途中で胸がドキドキしてきて
具合が悪くなりはじめ、怖くなってそれ以上シリンジを押せませんでした。

そのまま具合悪くなり、眠剤のせいもあってか、布団にくるまっていたら
気がついたら寝てしまっていました。

今、目が覚めたところです。

今起きたのですが、具合は戻っています。
若干吐き気があるくらいです。 

死ぬのは難しいです。やはり。

最後の勇気がなかったです。


死ねるまではまだあがきそうです。

もうしばらくお付き合い下さい。

追記、翼状針を購入することにしました。
シリンジからダイレクトに針を刺すのでは、注射が難しく迷ってしまいます。 

決行します

決行

ちょっと

具合悪くなったので横になります。

記事の続きはまた書きます。

ごめんなさい。



読者の皆さんへ

お知らせです。

このブログをリピートして読んで下さっている方々は、

多分、自殺したいと考えておられる方が多いと思います。

無い気力を振り絞って読んで下さって、本当にありがとうございます。


僕にはもう未来は見えません。全てを失いました。
そして、その中でも、絶対に失ってはいけないものを失ってしまいました。
二度とは取り戻せません。
絶望のその先には自死あるのみです。

でももしかしたら、閲覧の皆さんには、ホンの一筋でも、
将来に光りが差し込むかもしれません。

皆さんが自殺を考えるほど絶望されているのは、僕も当事者なので良く知っています。

でも、閲覧のお礼代わりに、僕は皆さんの人生の希望を祈ることにしています。

自死の途を取らずに、再び幸せな日々が訪れることを祈っています。


勝手なことを申しました。お許し下さい。



25年間消えない希死念慮から自殺までを実況します2

私は2015年12月6日現在、36歳の落ちぶれ研究者です。
(専門は視覚心理学と臨床心理学と脳科学)

中学1年生の12歳の時から、止まらない希死念慮と闘ってきました。

現在の病名は「ADHD」と「躁うつ病」ですが 、
そこに至るまでは、12歳の「不登校」時代以来、
「単極性うつ病」「難治性うつ病」「統合失調症」といろいろな
診断を変遷してきました。

どの診断を受け、どんな薬を飲んでも、カウンセリングを受けても、
福祉サービスを利用しても、働いても、学んでも、
そして驚くべきことに、どんなに幸せでも、
希死念慮が消えることはありませんでした
。 

25年近い、やまない希死念慮にはもう疲れました。

今日、自殺決行を決意しました。
その準備過程で色々な思考にさいなまれたり、
色々な自殺計画を立てて比較検討したり、
これまでの人生を振り返って思うところがあったりするでしょう。

それをこのブログで発信したいと思ったのです。

決意から死ぬまでの過程をweb上に記録しておくことで、
私という存在がきちんと生きて、きちんと死んだ証にしたかったのです。 
消えない希死念慮を持つ者が、辿っていく人生の終着点を伝えたかったのです。

けなしてもらっても構いませんし、何かの参考にしてもらっても構いません。

私は以前、臨床心理学を専攻していました。精神医学もかなり勉強したつもりです。
そんな私にしか発信できない自殺志願者の本音をお話ししたいのです。

私と同じ、自殺志願者の方にも読んで頂きたいですし、
自殺を阻止したい一般の方や、メンタルヘルスの専門家にも読んで参考になるブログに
するつもりです。

最後に、決行する時は、「今から決行します」というタイトルで投稿します。
その投稿をもって、このブログは完結します。

その日を目指して、着実に進んでいく決心です。 




ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール