自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

2016年03月

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

今日のコンサータ

今日のコンサータは



午後2時くらいから追加したせいか、




穏やかに一日過ごせました。





やっぱりコンサータの飲み方は、




朝1回っていうのは、




間違ってると思います。 




夜の楽さ加減が、




全然違います。




ほとんど別人です。




思うんだけど、




コンサータが切れたときって、




うつは激化するんじゃないかって。




うつ病には使えないはずなんだよね、コンサータって。




調べたけど。症状悪化するから。




だけど僕は、うつを軽く見られて、




コンサータをほぼ単剤で処方されたんだよ。




I県I市のMホスピタルの閉鎖病棟で。




これって薬害でもあり、見立てと処方もおかしいと、




そう思えてきた。



仕事が始まって収入が安定したら、



旅に出ようと思う。





行き先は福岡と、



ディズニーシーと東京ビッグサイトと、



茨城のつくばと牛久、



長野の軽井沢と



そこにある某ホテルと上田だ。





元カノさんとの




思い出の地だ。





一人で訪れて、



あの日の二人に謝って、



あの時のプロポーズをあの場所で、



ゴメンナサイって謝って、



ひとりぼっちを噛みしめに向かうつもりだ。





もう僕には誰もいない。



もう引き返せない。



進む先もない。



なら覚悟を決める。



元カノさんの幸せは祈り続けるけど、



僕は僕の迷惑な人間としての自死への道でケジメを付ける。 





思い出を抱えたままでは死に踏み切れない。



どこかであの日に戻れるんじゃないかと思ってしまうからだ。




旅は体調や仕事の関係で、



具体的にはいつになるかは分からない。




でも、死ぬほど寂しいけど、



楽しく苦しい思い出を全て捨てて、



まっさらな気持ちで死に臨みたい。 





最後の旅になる。



その思い出の地のどこかの、



人目のつかないところで、



致死量のカリウムを打つか、



灯油を被って火を付けるか、



苦しむと思うけど、



きちんと自分の罪と命にケジメをつけたい。






最後に目にする光景が、




思い出の地のどこかだったなら、




少しは幸せに旅立てるだろう。




まっさらになっていたら、




矛盾するようだけど、




元カノさんとの楽しかった思い出だけが、




走馬燈のように蘇りながら幸せに死ねる気がするんだよ。



そろそろwordpressに+昼間の活動

そろそろ無料ブログから、



レンタルサーバーか自宅サーバーに移行しようかと思っています。



だけど、livedoorブログが意外とやりやすいんだよね。



スマホからも投稿できるし、まあ外出なんかしないけど。



twitter連携も簡単だし。



でもまあwordpressを使ってどのくらいのブログが構築できるのか、



ちょっと勉強してみようと思います。多分似たようなプラグインはあるはずだし。



将来役に立つかもだし。



死にたいのに将来とか考えてて変だけど。




移転が決まったら、告知しますね。






ちなみに昨日は、近くのファミリーマートで、



桃の節句で売れ残った投げ売りの桃カステラを買って来て食べました。

桃カステラ

久しぶりに外出しました。50メートルくらい。



ファミチキも食べました。美味しかったです。



楽しかった元カノさんとの思い出が、蘇ります。





最近昼間は、ネットで繋がった色んな人とチャットしてます。



だけれども、



男性の友達はともかくとして、



女性の友達に対しては元カノさんとの比較でしか



チャットできない。



つまんない、っておもってしまう。



どうしても雛形として元カノさんが心から離れない。



多分既に存在しなくなったであろう、



消えてしまったあの元カノさんが。



心から離れない。 

僕の知ってる元カノさんは

警察に通報したりなんかしない。




彼女はもう変わってしまったんだ。




もう僕の愛する彼女の人格は




消えちゃったんだね。




死別なんだよね、これは。




辛いよ。悲しいよ。寂しいよ。




どうすればいいんだよ。




誰か教えてよ。



母親がアスペ

母親はアスペだった。


詳しく聞き取ったところ、字義通りにしか会話できてないことが判明した。



そして希死念慮の真っ只中の僕に、



人間孤独なんだから諦めんねー、笑。



と笑いながら言い放った。



怖くなった。



僕は泣きながら、



もう食事も何もかも、



一生関わらないでくださいと



お願いした。



死ぬより母親が怖かった。



もう、誰も僕にはいない。



というか、要らない。



もう何も信じられない。



早く殺してくれ。




親がやっと

やっとロジャーズを読み始めた。




ここに来るまで25年近くかかった。




これがあと35年早かったら、




僕の基本的信頼感もきちんと育ってたかもしれない。




そしたら多分、元カノさんと別れることも




無かったと思う。




悲しい。悔しい。




何もかももう取り戻せない。



在宅研究者という仕事

少し研究者の話が進んできた。



どうもそのラボは、



在宅であちこちに連携している研究者を抱えているみたいで、



僕にも在宅の方がお互いメリットがあるので在宅はどうですか?



とのこと。



あー、そういうことかとは思ったが、




よく考えてみたら、




望んでいたスタイルじゃないか!




在宅の方が、助かる。




引っ越す手間も費用も要らないし、




対人緊張に晒されることもない。




家賃も通勤も不要だし、




ある程度自分のペースも保てるし、




それに何より、




研究員の身分が名乗れるのはありがたい。




所属がないことの寄る辺なさは、




計り知れない。





ゆっくりお金を貯めて、




私を希死念慮ごと、本当に理解してくれる人とともに、




暮らしていきたいと思っています。




自殺に踏み切る前に、




そういう方が現れればいいなと




淡い希望を抱いています。




まあそんな人が現れることなどありませんが。




元カノさんが最後の人だった訳なので。



一つ分かったこと

一つ分かったことがある。




このブログは、




自殺するにせよ、そうでないにせよ、




一生書き続けることになるということが。




元カノさんを忘れることは、




もはや不可能だと悟った。




この想いは




死ぬまで続く。




何をして生きてようと、




どこにいようと。




社会にいようとも、




引き籠もっていようとも。







忘れようとしていたけれど、



それは間違いだって気付いた。



繰り返し繰り返し反芻して、



生涯傷ついていかないといけないことだと、



そう悟った。



それが僕の贖罪。




それに耐えきれなくなったとき、




僕は




シリンジを押して、




死を選ぶのだろう。



怖い

怖い。




一人で福岡に行くのが、





とてつもなく怖い。









寂しいとは違う。




とにかく怖い。







何もかもが一人。





福岡にいって、




本当にやっていけるんだろうか。






昨日の記事では



強がったけど、



本当は



果てしなく怖い。







支えてくれる、



誰かが欲しい。






僕を分かってくれる



誰かが。




でももうそれは、



もう永遠に得られない。




元カノさん以上の理解者は、





この世のどこにもいない。





この世界ではもう




どんなチャンスがあっても、




生きていけないのかもしれない。 






どうしてこんなに孤独が怖くなったんだろう。




ずっと昔から、孤独だったはずなのに。 






福岡という思い出の地で、



元カノさんとの楽しい思い出を思い出しながら、



ひとりぼっちでいることが、



どこまでも怖いです。

母校から

母校から



お声がかかった。








研究員のお仕事のお話しだ。





お世話になった農学部の先生に連絡を入れておいたところ、




生理学データの解析と論文化をぜひぜひお願いしたい、とのこと。





本決まりになったら、




来月辺りから、




研究者として




福岡に行くことに




なります。





前と違って元カノさんはもういないけど、




元カノさんにもらった「わぴ」という名前の




カピバラさんのぬいぐるみがいるし。




希死念慮になんか負けない。





一人でも



闘います。





一人でカピバラさんを助手席に乗せて高速に乗って、



思い出のマンションでワンルームをもう一度借りて、



思い出の車を思い出の駐車場に入れて、



毎日母校に通います。




変わるのは部屋の広さと、



元カノさんがいないっていう



世界で一番辛い辛い、



そう死ぬほど辛い事実だけ。





だけど僕は負けないよ。



毎日泣いたって負けないよ。



あり得ないって分かってるけど、



元カノさんが万が一、今居るところで辛くなったときに、



いつでも心から迎えられるように、



貯金して



頑張るんだ。






ずっと一人ぼっちでも、



ずっと希死念慮でも



どんなに死にたくっても



一人になるのが危ない精神状態だと



医者から指摘されてるの知ってても、



そんなの関係ないよ。




ひとりで




頑張るんだよ。



それしかもう、





僕にはできないんだから。





希死念慮にも



孤独にも







負けないから。絶対に。



ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール