自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

2016年02月

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

母には

もう関わらないで欲しいと


お願いした。



メールも


食事も


何もかも。



部屋にも


鍵をつけようと思っている。


もう誰にも


関わって欲しくない。


母を封じることで、


もう今現在、


僕に関わる人は誰も居なくなった。



いや本当は寂しい。



だけど、


誰かを僕の希死念慮で傷つけるのは


もうたくさんだ。



希死念慮がダメなら、



早く殺して欲しい。



そしてもう罪の意識と


孤独に耐えるのは


限界に達している。



自分を抹殺することでしか、



多分これは終わらせられない。



早くこの意識を



抹殺しないと、


大変なことになる。



また入院とか言ってるんだけど

また入院の気配。



母親が



医者と結託して



僕を閉鎖に閉じ込めようとしている。



どうして皆



そうなんだ。



厄介者ならいっそ





殺せ。






ツイッターでは告知したけど



しばらくツイッターには



鍵をかける予定です。



執行予定は25日の正午です。



母親とか、



医者とか、



万が一見てたら嫌だから。



見張られてる気がする。




ツイッターみたい人は、鍵かける前に、



今のうちに無言フォローしといて下さい。
(ただし捨てアカはハジきます。)


ブログでは無くて、



鍵付きツイッター、そちらで重要事項
(僕のプライバシーや個人情報にまつわることとか、これまで言えなった大事なこととか)
は呟くかもしれません。

多分、先々レンタルサーバーor自宅サーバーにブログを移転するかもしれないので、
(このブログは多分見張られてます。)

移転先urlもこちらのブログにはかかず、鍵付きツイッターのほうで呟く可能性が高いです。

また、現在のツイッターアカウントからさらに新しい鍵付きの専用アカウントに読者様を誘導する計画も

考えています。


読者の皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、


引き続きご覧になりたい方は、ご協力お願い致します。


移転にはしばらく時間がかかると思いますし、


こちらのブログはまだ続けていきますが、


移転した際は、単なるブログに留まらない、


充実した本格的な「希死念慮web site」にしていきたいと思っていますので、


応援して頂けましたら幸いです。



よろしくお願い申し上げます。


ぬーに



思い出の貴重品たちの帰還と付喪神

元カノさんのお父様から


メール便が到着した。



開封してみると、



一つ一つ丁寧に封筒に包まれて、



貴重品達が入っていた。

当初は、僕に関わるあらゆる物が返ってくると予想していたが、
そうではなかった。

ローン代は入ってなかったけど、別に要らないですし、

元カノさんのために活きているお金ならそれでいいんです。


・実印
・元カノさんと選んだ愛車の鍵、
・金庫の鍵
・メジャー
・祖母の形見として婚約指輪代わりに預けていた万年筆

この5点が入っていました。

預けていた大事な物達


実印は不動産解約のために僕が置いていったものだ。

メジャーは確かに僕の実家にあったものだ。
古い物でおばあちゃんが使ってたのかな。
丹念に調べてくれたんだね。

金庫は、元カノさんと、お金持ちになれますように、って気持ちで
風水的に購入したもの。ごめんね。元カノさんを
お金持ちにしてあげられなくて。君の役割を果たさせる前に、
僕たちが別れちゃって。本当にごめんね。

車の鍵は、4年間、ずっと元カノさんをきっと守ってくれていたと思う。
元カノさんはずっとバッグに入れていたから。
それなのに引き離してごめんね。元カノさんの自由で捨てることができないものだったから、
返してもらうしかなくて、その方が元カノさんが僕を忘れる近道だと思ったんだ。
忘れられるのは死ぬより辛いけど、元カノさんの幸せにはそれが最善だと思ったんだ。
車は元カノさんと検討して選んで購入したもので、助手席にはいつも元カノさんが
楽しそうに色んな話をしながら乗っていた。そういう二人の思い出が今も詰まっています。
助手席には、元カノさんに貼られた運転の注意書きが今も残っていて、
今もそれを見て、まれに運転する時は、気をつけてます。
生涯もう誰もその助手席には乗せることはできません。
本当にありがとう。これまでお疲れ様。
これからは神様の御札の前に置くから、
付喪神として、元カノさんを幸せにしてあげる神様になって下さい。
車も、君も付喪神として大事に乗るから。
彼女の幸せを叶える動く神様になって下さい。

それから最後に、元カノさんに婚約指輪代わりに預けていた祖母の形見の万年筆。
そこには僕の祖母の名前が刻まれている。
僕の祖母は、元カノさんをとても気に入り、
「お嫁さんにきてくれますか?」といつも気にしていた。
おばあちゃん、ごめんね。元カノさんをお嫁さんにもらえなくて。
そして元カノさん、ごめんね。 婚約指輪代わりのものを返させて。
でもその方が、僕を嫌う君の負担にならないと思ったんだ。
君は人の名前が彫ってある念のあるこの万年筆を
捨てることが出来ない優しい人だと思ったから。
そして万年筆さん、ごめんね。これからは、君も神様の御札の前で
付喪神として元カノさんの幸せを叶える存在になって下さい。
毎日お祈りするから。

付喪神



多分これで、僕と元カノさんの5年間の全てが終わりました。


元カノさんとの関わりはもうなくなったんだと思います。


それは僕はにとっては死に直面する悲しさだけど、

元カノさんにとっては、別の幸せへの一歩だと

僕は信じています。



元カノさんは、誰よりも幸せになる資格がある人だと

いや、幸せにならないと社会全体や家族制度がおかしいとさえ言える人だと

元カノさんとの5年間を通して僕は誰よりも知っているつもりです。

おこがましいけど、ご家族より知っている面も沢山あるのです。

いやむしろ、ご家族じゃ無いからこそ知っている面が沢山あるのです。



僕にはたくさんの間違いもあったけど、

そのことに対して出来ることは全力でやったって

胸を張って言えます。



だから僕はこれからもこのブログで語り続けます。

それは自死に繋がる途で

決して幸福な途では無いけれど、

僕が死ぬ前に、

元カノさんが幸せに結婚したらしい、っていう風の噂を待ち続けて、

希死念慮に向かい合います。

時にはぼろぼろになり、

時には勇気をだしつつ、

半ばで挫折して死んでしまうかもしれないけれど、

それでも元カノさんの幸せを祈り続ける。



それがこのブログの

もう一つの旅の目的地に加わりました。 




それが僕の


人生最期の仕事です。



これだけは、


絶対に


守り抜いて見せます。



親が

嘘をつきます。



思っても無い癖に



いい加減なことばかりいって



感じても無い癖に



謝ったりして



そのくせ行動は伴わないし、



人を混乱に陥れる。




死ねば良いのに。



あ、そうでした。



僕が死ねば良いんでした。



親もそれを望んでるに



違いないんだからさ。



全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方

コーラは必ず


入ってたんだよね。


冷蔵庫に。




お風呂上がりのコーラが最高、



なんて言い合って。



ゼロコーラ。

ゼロコーラ。



一緒に飲んでくれる人が居るって、



あんなに幸せだったんだなあ、って。



でも生涯それはもう望めなくなってしまった。




ふと、もう永遠に既読マークがつかない、



カップルアプリを久々に開いてみて、



言葉にならないけど、



元カノさんの優しさや頑張りの痕跡が沢山あって、



涙が止まらなくなって、



たくさんたくさん泣きました。 




少ないながら周りの人たちは



「見ててちょっと辛すぎる感じだからもう忘れて、早く新しい彼女つくりなよ」っていって、



友達の友達とか無いアテを色々探してくれて、



仕方なく直に会うのは怖いからっていって、



チャットとかメールとか電話で話してみるけど、




「元カノさんならそんな反応じゃない!」




って思考が邪魔をする。



どうしても、5年前の元カノさんとの出会いを重ねてしまって、



「出会いってもっと鮮烈で一発で通じ合う感覚なんだ!」って思ってしまう。




それに僕は犯罪者みたいなものだし、



収入もない身だし、全てに自己嫌悪で気が引ける。




だからもう、



新しい彼女さんを作ることも





生涯できないんだろうなあ。




でも楽しかった懐かしい思い出が


誰にも消せない自分の心にたくさんあるから、


元カノさんさえ幸せになってくれたら、



あとはそれでいいのかなあ^^



コンサータの飲み方について

僕は思うのだけど、


単純な投与では


コンサータは治療薬という位置づけでは


あり得ない。



効いている時、つまり12時間しか効かない。


これが切れると、怒濤のごとく希死念慮が押し寄せてくる。



使い方としては、僕はこの薬は、


頓服か持効性だと思う。




もう少し作用時間を短くして、


希死念慮の強いときに使ったり、



持効性の注射のように長く効くようにすべきだと思う。


眠れなくなる? そんなの眠剤を調整すればいいのだから問題ない。


眠れなくなるかどうかなど、生死に直面している場合、


どうでもいいと思っている。



最も問題なのが、効き目が切れたときに、


薬が効いている時に楽だった分だけ、


希死念慮が際だって感じること。


その落差だと思う。



その落差が、さらなる希死念慮を呼び、


患者や周囲は苦しみ、


それがパニックや自殺企図へと繋がる。



個人的な経験では、


寝る10時間ほど前に飲んでおくと楽な気がする。


12時間前だと危ない。


22時に寝るとすれば正午だ。


24時に寝るとすれば、14時だ。


そうすると午前が地獄の苦しみになるので、困るのだけれども。


その場合は、とにかく早く寝るしかない。



薬の説明には丁寧に


「眠れなくなるので正午をまわったら飲まないで下さい」、


らしきことが書かれているが、


正直言ってどうなんだろうか。


僕はコンサータを飲み始めてから、


睡眠で困ったことは一度も無い。


試しに夕方にコンサータを飲んだこともあるが、


全く寝るのには困らなかった。
(個人差が大きいので一般化はしないでね^^)


そういう画一的な決め方で、個々の生活リズムや


希死念慮の現れ方に対応できるだろうか。



オーダーメイドで徐放のスピードまで考えて


処方しろとは言わないが、


飲み方の工夫で生活を楽にするのは、


医者の処方という仕事の責任範疇だと思う。


逆に言えば、処方通り意外には患者は服用できないのだから。



折角コンサータは登録医しか出せないのだから、


その辺りの臨床研究や精神薬理学研究を充実させていって、


研修に活かして


患者に還元して欲しい。



コンサータで人生を撹乱された身としては、


是非ともドクターやナースや薬剤師さんには


考えてもらいたいテーマです。



四半世紀一回り

思えば、この家が出来てから四半世紀になる。


中学で虐めに遭い、


不登校になって、


荒れた中学時代を家で一人で過ごした。



四半世紀経ち、



今再び荒れた中年時代を


家で一人で過ごしている。



何もない不登校の状態から始まって、


志望の大学に奇跡的に合格し、 


大学院で研究をして博士号を取り、


その間それなりに青春し、


彼女も幾人かでき、


やっと運命と思える人に出会い、


将来を約束した半年後には、


仕事も彼女も住居も何もかも失っていた。



そして気付けば、中学時代の引きこもりに戻っていた。



ただ、年を取っただけだった。



ぐるっと四半世紀一回りして、



ただ年を取っただけだった。



いや、希望も何も得なければ、



今ほど絶望もしなかったのかもしれない。 



そう言う意味では、



中学時代の引きこもりを続けていた方が、



余程幸せだったのかもしれない。



下手な希望や夢は、



必ず絶望へと繋がると



この年でようやく分かった気がする。



昨日はおかしかったようです

意味不明になっていたようです。


ほとんど記憶がありません。


朝起きて、コーヒーを飲んだ辺りまでは


覚えています。




変なブログが残ってたのと、


母親に31通、


意味不明なメールを送っていたようです。


ようせいさん、って何でしょうね?w


妖精さんだったとしても、


幻覚を見た記憶もないのですが。




昨日のあなたは何かに取り憑かれてたって


母親から言われました。


母はすぐそういうことを言い始めるので、


止めて欲しい。迷信は止めて欲しい。




取りあえず今日は平気です。


右腕もちゃんと動きますし。 


というわけで


昨日何も読んでないので、


以前の記事に書いた本でも


読み進めてみます。




元カノさんについては、


夜になるとやはり、


楽しい思い出が溢れだして辛いけど、


とにかく元カノさんの人生は誰よりも幸せになって欲しいから、


それだけは誓って真実だから、


それだけ叶えば僕の人生そのものは外見として惨めでも、


心の中は最高の形になるから、


素敵な人が元カノさんに現れることを祈って、今日から


毎朝、神宮大麻他、沢山の神様の御札に


二礼二拍手一拝するのをはじめました。


安直ですね^^;

神宮大麻


元カノさんにはそんなこと言わなかったけど、


神社に行ったときは必ず、


「僕なりにやれることは頑張るので、僕はどうなってもいいので、
彼女を幸せにできますようにどうか力をお貸し下さい」





そう毎回そればかりお祈りしていました。


他力本願過ぎるだろう、という感じですよね。


あ、でも、僕はどうなってもいい、ってところまでは、


叶ってますね。


この先も叶えばいいな。




お別れになったことも


神様が見ていたとしたら、


「君が彼女から離れるのが、


彼女にとっては幸せなんだよ?」 


そう言われている気がして、 


「はい! わかりました! そうします!^^」


という気持ちになってきました。


これも安直ですね^^;


信じて参詣して祈ってきた神様達と元カノさんが決めたことだから、


信じ続けていこうと思います。



かといって 希死念慮やパニックは消えないのですが、


元カノさんと別れたことで、


それはもはや僕一人の問題になったので、 
(母は産んだ責任として仕方ないとして) 


決行するもよし


できずにうじうじするもよし。


でもなるべく世間に迷惑をかけない形で、


希死念慮とは付き合っていきたいです。



まあそうは言っても、


自分のコントロールが利かなくなるのが、


症状だから、


その辺りが難しいですね。




症状が出て、


迷惑をかけると感じた時点で、


すぐに自殺できる道具なんかあれば


いいんですけどねぇ……。 




あ、そういえば、


ショートステイを関東にいたとき


計画していたんですよね。


それを使えば、


よかったのになあ。 




今はもう


使う意味も


なくなっちゃったなあ。 



毎日が、ひとりぼっちだからね。




ひとりぼっちは、


つらいなあ。 



物理的にひとりぼっちというのもあるけど、


事件を通して、


心理的にひとりぼっちになっちゃったから、


それがとても




つらいなあ。



っわああああああああああ




おかしいなあ「





いなくなっちゃった




ようせいさん

きたきた

おもしろいのかな。タイトルがそういってるんだからそうなんだろうね。

そうじゃなきゃおかしいよね。書評はまた載せますね。

「面白ければなんでもあり 発行累計6000万部 とある編集の仕事目録 三木一馬 著」


本





ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール