自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-

中学1年生以来25年間、どんな治療をしても消えない希死念慮を持ち続ける者が、自殺決行までを綴ったブログです。 2016年3月10日より、新ブログに移行しています。Hopeful Suicide(http://hopuful-suicide.com)へ宜しければお越し下さい。

2016年01月

2016年8月27日追記
カドカワさんのカクヨムにて、希死念慮小説「YUI 灯火」を掲載開始しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881659291

新サイトにも掲載していたものを推敲したものです。
宜しければご覧下さい。携帯小説タッチで読みやすく書いているつもりです。

---
新サイト開設しました。新規投稿は全て新サイトにて行っています。

Hopeful Suicide 自殺ブログ-消えない希死念慮との闘いの日々-
http://hopeful-suicide.com

日本語にすると、【希望に満ちた自死】。

希死念慮の人生に、最後の希望を込めて名付けました。

新しい投稿は新サイトにアップしますので、よろしくお願いいたします。

某巨大テーマパークと同人誌即売会と彼女の思い出

2013年5月。

茨城に引っ越して来て早々、僕は体調を崩し、仕事に行けなくなった。

ふさぎ込んでた僕を彼女は某巨大テーマパークに連れて行ってくれた。
半ば無理矢理だったが、僕の身を案じてくれていたのは分かっていた。

平日のテーマパークに行って、沢山の人たちが、
それぞれに楽しそうに過ごしている姿を見た。


そこではじめて、研究職だけが人生じゃないと思った。


色んな人たちが、いろんな生き方をしていると感じた。


僕も自分らしく生きてみたいと、そう思った。


小説を書こうと思ったのはその時だった。



自分の世界を自分で自由に表現して日々を過ごせれば夢のようだと思った。
もちろん、そんなに甘いものではないけれども。 


気持ちがふっと楽になった。どこからともなく元気が出た。


小さな研究職に閉じこもっていた僕の目の前に光が差し込んだかのようだった。


彼女には本当に感謝した。もちろん今もしている。


同人誌即売会に出始めたのはそれからだ。
彼女が「いってみる?」と誘ってくれて、毎回顔を出すようになった。

はじめは彼女が独自の作品を描いて、それを出品してくれていた。

肝心の僕は、小説の書き方が分からなくて、 半分売り子状態だった。


でも、彼女とぎゅうぎゅうにスペースに座って、本を売ったり、
知り合いの方とお話しできるのは本当に楽しかった。
道中の車での移動もとても楽しかった。

彼女も執筆が進まない僕を諦めずに一緒に同人誌即売会に通い続けてくれた。

有り難かった。

ようやく僕も執筆が開始できはじめた頃、
僕と彼女は離れ離れになる運命が待っていた。
人生は常に残酷だ。


今日はその即売会が東京某所で開催されたはずの日だ。

彼女と出られる可能性も考えて、ブースは椅子二つで予約しておいた。


だけど、チケットは彼女に全て郵送であげた。 

彼女が今日、即売会に行ったかどうかは分からないが、
もし、彼女が参加したくなったとき、僕と会わずに済むように、
チケットは一枚残らずあげた。

彼女は以前の即売会の出張編集部で担当者さんと仲良くなっていた。

彼女は僕なんかのような凡人とは違って、独特な感性の持ち主で、
きっとそれを認めてくれる人が現れるとずっと思っていた。

仲良くなれたと聞いて、今がその機会だと思った。

だから、その才能を開花させて欲しいと願った。

きっとそれが、過去のたくさんの苦しみから彼女を解放する一番の手立てだと
思ったからだ。


僕の小説なんて、本当はどうでもいい。

僕は自己満足の文章を書いているだけだから。
もちろん、読んでもらって面白いと思ってもらえるように努力はしているが、
僕には大した文才も何も無いのは自分で承知している。

でも彼女は違う。きっと彼女の作品は多くの人の役にも立つし、
楽しませる力もある。

僕の夢は、いつか彼女の作品が商業出版されたとき、
それを一人で手に取り、二冊購入し、一冊は保存用、
そしてもう一冊を自室に籠もって何度も何度も読み返すことだ。

彼女が辛かったことを、楽しい作品に昇華しているのを見て、
彼女の幸せに想いを馳せる時が来るのを楽しみにしている。


これも死ぬまでに体験したいことの一つ。



僕にはあまり時間がない。

叶えばいいな。



表紙絵選考会終了

LANCERSで公募した表紙絵ですが、
表紙絵選考会がたった今しがた、終了しました。


沢山の議論の末、
選考メンバー全会一致で、とある方のイラストに決まりました。
修正点も多く出されました。

明日、上のリンクのページで当選者を発表して、
そのイラストレーターさんと修正を詰める作業を開始します。


オフセット本にして、
5月1日の第二十二回文学フリマ東京に持ち込むので、
完成品が気になる方は、見に来て頂けたら嬉しいです。
見てくださるだけで構わないです。

買って頂けたら、なお嬉しいです。

お求めやすい価格に設定します。




人生最後の出版物になります。



自分らしく生きた証をきちんと残して、

そして彼女に「小説家を目指す」と言った誓いを、せめて小さな形にして、

悔いなく旅立ちたいです。



今日は、これで一歩、望むべき死に近づけました。 



少しだけ



嬉しいです。



死に関する観念

死に関する観念がねじれてる。
他人には死んで欲しくないなんて。
そして自分は死にたいなんで。 

でも段々と自分の人生に納得できるようになってきた。

彼女に捨てられたのも、納得し始めている。

どんなに学歴があっても仕事ができない自分にも、
病気で希死念慮がなくならない自分にも。

僕はそもそもそういう人間で、幸せを求めてはいけない、ということに。
その資格がないということに。

中学からずっとそうだった。
今頃気付くなんてバカすぎる。 


あとは、やりたいことを全て終えたら決行するだけ。

出来れば死に際はビデオで映像をブログにアップしたい。

塩化カリウムを致死量打てばどうなるか、皆に知って欲しい。

苦しそうだったら、僕と同じ方法は皆避けられるだろうし。 

プログラミングで、webcam動画を自動投稿できるようにするしかないけど、



どうすればいいんだろう。



本日は表紙絵選考会です。

2016年1月31日
12時半くらいになったら、友人を迎えに行きます。

車の運転、平気だろうか。

子どもを乗せるので責任重大。

自分は死にたいけど、人には死んで欲しくない。

(次の記事に続きます。)



表紙絵選考会

ちなみに次の日曜は表紙絵の選考会を自宅でやります。
この中から選びます。

僕の中では3,4件に絞れてるんですが、
他の方の意見も聞きたいので、ラノベを読む親子に来てもらうことにしました。 
僕の友人とその息子さん(中学生)との三人で選びます。 

遺作になるから、慎重に選ばないとです。 

5月1日の文学フリマ東京に持ち込みます。

僕の執筆活動はこちらからもみれるので、
よかったらのぞきにきてみてください。



二人乗りの思い出

ちなみに希死念慮は相変わらずです。
特に夕方がひどいです。 
だけど、コンサータをこれ以上増やしても、
どうせ夕方には薬が切れるので、変わらない気がするので、
我慢してます。

次回は僕も病院にいかねば薬がもらえないらしいです。 
コンサータ切らすと、どうなるか自分でも想像できなくて怖いので、
次回はなんとか車で通院するつもりです。 

そこも思い出の病院になります。
薬の副作用で、不随意に顔面筋が硬直して、
慌ててバイクで二人乗りして彼女と夜に駆け込んだのが
懐かしいです。 

僕の病気で彼女には凄く迷惑をかけたなあ、と申し訳ない気持ちです。
きっと凄いストレスだったろうな、と思うと彼女が可愛そうで仕方ないです。

希死念慮の塊と暮らすなんて、想像しただけでも大変なのに、
彼女は愛を注いでくれました。

彼女には本当に感謝しています。
それを伝えられたらいいのに、もうそれも出来ません。


ただひたすら

悲しいです。



久しぶりにお出かけの予定

とある場のとある機会にお知り合いになった方と、
色々とこれまでのことや、
今後のことをお話しすることになった。

2月6日から在宅コールセンターの研修が始まるので、
その前にしましょう、ということで、
2月4日木曜に日程が決まった。

場所は大昔の僕の思い出の場所。


久しぶりに車で市外へでます。

運転大丈夫だろうか? 
体力無くて歩けなかったりしないだろうか? 

不安はよぎりますが、相手の方は心理面でとても
サポ-ティヴな方なので、大丈夫だろうと思っています。

あ、ガソリン券使わなきゃ。3月いっぱいだから。  
僕の住む地域では、障害者にはガソリン券かタクシー券かバスチケットが配布されるんです。
手帳って使えないけど、それだけは感謝です。

事故にだけは気をつけます。自分が死ぬのはいいけど、
周りのドライバーや通行人を死なせるわけにはいかないので。



入院友達からの贈り物

昨年10月の精神科入院友達にラインでチャットを打った。

何気ないチャット。

「元気?」


何かを察したのだろう。

すぐにラインからコールが来た。


これまでにあったことを全て話した。

僕は涙が止まらず、鼻も詰まり、もう声すらも出なくなって、
気がついたらすっかり泣きじゃくっていた。

「大丈夫だよ。一人じゃないよ」

何度もそう言ってくれた。

事件以来、誰も僕の心の味方は誰一人いなかった。
今回「ひとりじゃない大丈夫だ」といってくれたその方を除いては。


今日、その方からちょっとした贈り物が届いた。

贈り物
 
晴れる日なんかもうないって、僕は分かっている。
無くしてはいけないものを失ってしまったのだから。
もう全てが手遅れだ。

でも、こうして僕を救おうとして下さる手は暖かい。

僕が自殺すれば、その厚意を無にすることになる。
それでももちろん、自殺に向かっていることは確かなのだが。


死ぬのって


難しい。



読者の皆さんへ

お知らせです。

このブログをリピートして読んで下さっている方々は、

多分、自殺したいと考えておられる方が多いと思います。

無い気力を振り絞って読んで下さって、本当にありがとうございます。


僕にはもう未来は見えません。全てを失いました。
そして、その中でも、絶対に失ってはいけないものを失ってしまいました。
二度とは取り戻せません。
絶望のその先には自死あるのみです。

でももしかしたら、閲覧の皆さんには、ホンの一筋でも、
将来に光りが差し込むかもしれません。

皆さんが自殺を考えるほど絶望されているのは、僕も当事者なので良く知っています。

でも、閲覧のお礼代わりに、僕は皆さんの人生の希望を祈ることにしています。

自死の途を取らずに、再び幸せな日々が訪れることを祈っています。


勝手なことを申しました。お許し下さい。



在宅コールセンターに応募

もう誰も信じられなくなった。
今実家に住んでいるが、母も例外ではない。

一人になりたい。

そんな時、どうしても引っ越したい場所ができた。
彼女が5年前に一人暮らしを始めた思い出のアパートのそっくり同じ部屋だ。
アパートも号数も同じ、思い出のあの場所。

そこが3月末に住人が退去し、4月半ばから住めると不動産会社から
連絡があった。


その思い出の場所から、自殺するまでは、もう一度僕の新しい歴史を作っていきたいと思った。

アパートの契約金はバイクを売れば賄える。
でも今のままでは生活費と家賃が足りず、アパートにうつっても生活が維持できない。
もちろん何も食べてないから食費は掛からない分、そんなに沢山のお金はいらない。

だから今僕が小説の表紙絵依頼で使っている、LANCERSで案内のあった、
NTT コミュチェオの在宅電話オペレーターの仕事に応募した。
ネット回線契約を解除するお客さんを阻止したり、解約に応じたりする仕事だ。
自分でシフトを申告しながら仕事ができるという説明だった。

コムチェオ


これなら病気で外に行けない僕でもできそうな気がした。
平均時給は1000円くらいになるそうだ。
月50時間くらいからやると、電話応対の単価がいいそうだ。
土日も関係なくやると、一日2時間もやればいい計算になる。
それならば希死念慮がひどくて半分寝たきりでも出来るかもしれない。
僕が今、ひどい人間不信でも、お客さんと割り切れば、
一度きりの関係だからなんとかなるかもしれない。

そう思って申し込んだ。


一次試験はタイピングテストとインターネットの基礎知識。
これは楽に突破した。

昨日は説明会と二次面接。
16時から開始で
二時間ほどの説明会をネット上で受け、
18時からお客さんの模擬対応の試験を受けた。

苦情をいってくるお年寄りにどう対応するかの試験だった。
多分、基本的なコミュスキルをみているのだろうから、
お詫びとお礼と返事を伝えるようにしてみた。


今日、試験結果が届く。
合格していれば、研修用にヘッドセットを調達しなければならない。
愛着が持てるヘッドセットを今探している。

合格だった場合、2月6日から18日までネット上での研修に入る。 

実務試験が2月19日以降で、最後に、実地でのトレーニングを受けて
業務開始となる。
全てネット上だ。PCの前で全てが完結する。


はっきりいって、僕は働きたいわけでも何でも無い。
本当は死にたいのだ。

でも勇気が無い。注射すれば死ねるキットまで作ったのに、
それを静脈に打つ勇気が無い。
ものの数十秒で終わるのに針を静脈に刺してもシリンジをどうしても押せない。


多分、まだ僕が、自分の人生に納得がいっていないからだと思う。

だから、納得できるように、思い出のアパートで誰にも邪魔されず、
一人静かに自分の人生を振り返り、
「もう十分生きてきた、 納得が出来た。悔いは無い」
そう思えるようになりたい。

そしたら自然と、準備した注射で自殺を決行することも出来ると思う。

紆余曲折しているこのブログですが、
「決行」のタイトルが付くまで、見守って頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。





ギャラリー
  • 今の気持ち
  • そろそろwordpressに+昼間の活動
  • 久々に
  • お疲れ様iphone5
  • お疲れ様iphone5
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 思い出の貴重品たちの帰還と付喪神
  • 全てが懐かしくって→新しい彼女の作り方
  • 昨日はおかしかったようです
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール