もう関わらないで欲しいと


お願いした。



メールも


食事も


何もかも。



部屋にも


鍵をつけようと思っている。


もう誰にも


関わって欲しくない。


母を封じることで、


もう今現在、


僕に関わる人は誰も居なくなった。



いや本当は寂しい。



だけど、


誰かを僕の希死念慮で傷つけるのは


もうたくさんだ。



希死念慮がダメなら、



早く殺して欲しい。



そしてもう罪の意識と


孤独に耐えるのは


限界に達している。



自分を抹殺することでしか、



多分これは終わらせられない。



早くこの意識を



抹殺しないと、


大変なことになる。