色々と昨日は書いたような気がする。


ずっと誰にも言わずに


生きる原動力にしてきたことまで


吐露してしまった。



それと、


どうせ捨てた人生なんだから


医学部を受けてみようと思ったけど、



入学後に今の精神状態では無理だと


判断した。




だけど


他に目指す途も


作家以外には見つからないし、



もし入学後に


精神状態が悪化したって、


きちんと対応しながらやっていけばいいんだし。



今から心配したって始まらない。





そういうことで、



受験勉強、開始します。


今日は、生理学と免疫学を


ざーっとおさらいします。




それから今は連載一時休止しているけど、




彼女との思い出の某巨大テーマパークで描いた


作家への夢。



こちらも追い続けます。



どちらかと言えば、


こちらが本命。



希死念慮と心の深い闇が


きっと武器になるから。


もちろん、人を楽しませるような


あるいは感動して頂けるような小説を目指しているけど、


そんな小説の中でも、


きっとこれまでの負の経験は生きるから。




いつか奇跡的に商業出版されたら、


彼女に知らせる術もないけど、


手にとって読んで欲しい。



彼女がいなくなっても、


ちゃんとやれたよって。



二人が幸せになるための、


2013年の某巨大テーマパークでの誓いは


果たしたよって、




そう 伝えたい。 


こちらの記事参照


もしも夢のようなことが起こって、


万に一つもないだろうけど、


たくさん売れたりしたら、



彼女が働かなくて趣味や才能に没頭して


安心して何不自由なく、生涯好きなことだけをして、


暮らしていけるだけの額の小切手を、


そっと送りたい。





これを書いてて


泣いている自分がいた。



情けないね。


どうしてだろう。 


こんなにも


前向きになれているのに。




不思議だね。